歯科医院と患者さんのコミュニケーションを深める支援を展開する「株式会社コムネット」のスタッフブログ


株式会社コムネットのスタッフブログです!

『アポロニア21 2016年11月号』に掲載されました!

こんにちは!サポート部のタカノです!

 

11月に入り東京もいよいよ冬めいてきました。

皆さまいかがお過ごしですか・・?

お体にはくれぐれもお気をつけください。

 

さて、今回はお知らせです。

日本歯科新聞社発行の雑誌『アポロニア21 2016年11月号』の

特集記事「待合室を変えよう(下)」に、

私たちコムネットがご協力させていただきました。

 

題して、

「張りっぱなしになっていませんか?ポスターを見直そう」

 

※コムネット製ポスターと『アポロニア21 2016年11月号』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※私の同僚の二人がインタビューに答えました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メーカーさんが準備している治療内容の宣伝ポスターや

お薬の紹介など、とてもキレイにできていますよね。

私たちが見ても完成度が高く、

素晴らしいなあと思うこともしばしばです。

 

でも、そんなキレイなポスターも

いつまでも同じものが張りっぱなしになっていては、

日常の風景になってしまい、目に入らなくなります。

 

院内のポスターは、院長やスタッフの皆さまから、

患者さんに”知っていただきたいこと”を発信するための

大切な情報ツールのひとつです。

 

そんな情報を、患者さんに効果的にお届けするには

どうすれば良いか・・?

 

誌上ではコムネットのノウハウの一部を

ご紹介させていただきました。

 

ぜひ、お読みいただければ幸いです。

 

記事は『アポロニア21』編集部の方が分かりやすく

まとめてくださいました。

この場を借りて、心よりお礼申しあげます。

 

また、誌上ではコムネット製のポスターなども

多くご紹介しています!

コムネット会員の皆さまでしたら、

すぐにご使用いただけますので、

気になるポスターがございましたら、

サポート担当者までお問い合わせください!

 

 

—————————————

コムネットについて詳しくお知りになりたい方は、

コムネットホームページ

http://www.comnt.co.jp/

の 「資料請求」よりお問合せください。

————————————-

「そこが知りたい!~ 私の歯 ② ~」

みなさん、こんにちは!
サポート部の阿部でございます☆icon_smile.gif

花粉症の私にとっては厳しい春となりました。
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

去年、余韻を残したままの「私の歯」第2弾をお届けいたしますicon_exclaim.gif

**********************

歯の治療について完全受け身だった私。
治療への疑問すら持っておらず、
ユニット上での説明も
医院を後にしたころには
頭を「???」疑問符が泳いでいました。

その私が今では説明も受け止め
ドクターに質問を投げかけています。

それは・・・・・、

コムネットの仕事を通して
「歯」についての情報に触れるうちに
自分の「歯」について、
とても関心を持ったから!!

歯科に関する情報を得て、
その情報がその人に根付く事で
行動に移っていくのだと思います。

私は仕事がきっかけになりましたが、
患者さまにとっては
医院からの情報のアプローチ
きっかけになるのではないでしょうか?

そのように自分の経験を合わせて考えてみると
患者さまに「情報」を発信するだけでなく、
その情報を「定着」させることも大切だという事がわかります。

そんな情報発信は是非コムネットにお任せください!!


・・・、それで具体的にはどんなのがあるの??

それは次回のブログをお楽しみにicon_razz.gif


※花粉症のみなさん、一緒にがんばりましょうicon_wink.gif


「そこが知りたい!~ 私の歯 ① ~」

こんにちは。
サポート部の阿部ですicon_biggrin.gif
どうぞ宜しくお願い致します。

今回はデンタルサポートについて
ご紹介したいと思います。

「コムネットって何やってるところなの?」

そんな疑問にお答えできたらいいなと思います。

—————————-

「そこが知りたい!~ 私の歯 ① ~

患者さまにとって
治療時の説明はとても大切なものです。

どんな治療をするのだろう?
この症状はなんでおこるのかしら?

そんな疑問を抱えている方も多いようです。

それでもなかなか質問として投げかけて下さる事は
とても少ないものです。

また、
ユニット上での説明をお聞きになっていても
治療の緊張感から記憶があいまいになってしまうケースも
中にはあるようです。

私もコムネットの仕事に就くまでは
歯の治療を受けていても
ドクターや衛生士さんの説明を
聞き流していたことが多々ありました。
疑問に思ったことに質問したりすることなんて
全く皆無でした。

そして、今!!
私は奥歯の治療の為、通院中

かつては治療に対して
全て受け身だった私ですが
説明もしっかり受け止め、
疑問点をどんどん聞いたりしています。

いったい何がきっかけで
私はこんなに変わったんでしょうか???

気になる「きっかけ」の答えは、次回のブログでicon_wink.gif

デンタルサポートとは?

はじめまして。サポート部のみやざきと申します。

早速ですが…
自己紹介を兼ねて、私たちの仕事をちょこっと紹介いたします。

歯科医院>コンビニ+郵便局
歯科医院の数が、コンビニと郵便局より多いことを、
歯科関係者以外の方にお話すると、皆さん驚かれませんか?
 
「そういえば、歯医者さんってよく見かけるかも…」でしょでしょ!
「でも、たくさんあっても、どこがいいのか分からないのよね~」
ですよねぇ~。
 
何がいいのが「いい歯医者さん」なのか分からなくて、
家や職場の近所の歯医者さんに、なんとな~く通っている方が多いようです。
私も、コムネットに入社するまでは「なんとな~く派」でした。
 

 
(理解した上で、通うか通わないかは分かりません)
(でも、少なくとも私は定期健診にせっせと通っています!)
 

理解してもらうためのコミュニケーション。
 
それを応援するのが、コムネット・デンタルサポートです。
患者さんへ渡す治療の説明ツールやポスター、
医院の情報が書かれた診療案内リーフレット制作のお手伝いなど、
歯科医院と患者さんとの相互信頼と相互理解のために
コムネット・デンタルサポート会員の歯科医院さんに向けて、
さまざまなご提案をしています。
 
 
 
 
(そして日々の仕事の中で、歯科の重要性を痛感し)
(おかげさまで、むし歯もなく平和な口腔を保っています)

数年前の自分に質問してみましょう。


今「通ってる歯医者さん、ちゃんと説明してくれる?」

 昔「治療しておしまい」

 今「また行きたいと思う?」

 昔「なるべく行きたくない」

 今「じゃあ、どうして通ってるの?」

 昔「…家から近いから?」

痛くなったから歯医者に行こうと考える、

こういう患者さんって、結構多いんじゃないかと思います。

きっと当時通っていた歯医者さんだって、

定期健診の重要性を説明してくれたはずですが、痛みとともに忘れてしまったのでしょう。

痛くないし、もう行きたくない。

 

「通うのが楽しみ♪」と言う患者さんはなかなかいないかもしれませんが、
「治療が終わっておしまい!」ではなく「また来なきゃ!」と、
歯医者さんに通う必要性を理解してもらうことは難しいことではないと、私たちは考えています。

 

おいしいツール

コムネットのデンタルサポートは6年のご契約になります。

6年というと、生まれたばかりの赤ちゃんが小学生に、
中学1年生は、高校卒業まで成長する年月です。

オリンピックは必ず1回以上。
大河ドラマは6作品。
(6年前の大河ドラマは「新選組!」です)

長いと思われますか?
短いと思われますか?

ううーん、ちょっと長いなぁと思われる先生には、
コムネットはあまり向かないかもしれません。

それはなぜかと申しますと…

コムネットの企画紹介のお知らせで、
「使いきれないほど企画がそろっている」と書きました。
そして、今も増え続けています。

先生のアイディアが企画化されることもあれば、
先生からいただいたお悩みが、次の企画に生かされることも多く、
古い企画は時代に沿ってリニューアルされたりします。

それだけではありません。

卒業したてのスタッフが6年目を迎えるときには、
医院のよいところも、わるいところも目が行き届く、
先生が誰より信頼しているベテランスタッフに成長しています。

患者さんに説明することも、
1年目と6年目では違ってきます。

患者さんも通って1年と、通い続けて6年では、
デンタルIQが違ってきます。

スタッフの成長に合わせ、患者さんの知りたいことに合わせて、
医院全体が6年かけて、ちゃんと成長しています。
(もちろん、成長しようと努力されている医院に限ります!)

私たちは、先生やスタッフの方からお話を聞いて、
情報を集めて、医院にマッチングすると思われるものをご提案します。
もちろん、スタッフのレベルに合わせて、
こちらで8割つくってしまうものもあります。
(いわゆる、レトルトの企画です)

そのうち、スタッフがどんどん成長して、
院内のシステム改革を率先的にはじめたり、
院内セミナーを希望してきたり、
学会で発表したり、
院長先生を煩わせないために、
コムネットに相談してくることもあります。
(仕込みたっぷり本格熟成企画です)

ですから、コムネットデンタルサポートでは、
6年後に契約更新される先生方のほとんどは、
「まだまだもっと使える!」
「あれもやりたい!」
「これもできますか?」
そういう嬉しいお声をくださいます。
しかも、先生よりスタッフの方が言ってくださることが多いのです。

向上心溢れるスタッフを大事に育て、
「今は、スタッフに助けられています、宝物です」
そうおっしゃる先生が、コムネット会員に多いのも、
コムネットデンタルサポートの自慢です。

さて、6年間は長いでしょうか?

あ!
最初に「6年長いな! 頑張らなきゃ!」と覚悟して、
走り抜けてしまう先生も多かったりするので、
ドキリとされた先生も安心してくださいね!

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes